Thuluxal のすべての投稿

【2015年】失敗しないMac(マック)の選び方

2014年~2015年には多くのMacが発売されましたね。

2013年から比べて大きく変わったのが、ユーザー側でのハードウェアのカスタマイズ性が低くなったという点でしょうか。
昔はSSDを変えたり、メモリ増設したり。もっと言うとCPU変えたりなんかできちゃいました。
今は一応、できなくないんですが分解の難易度がかなり高くなり正直かなり難しいレベルです。

そこで、初めに買う場所も家電屋なんかよりAppleのOnline Storeで買っちゃったほうがカスタマイズとか楽々です。
個人的な見解になってしまいますが、用途別・ユーザー別の2015年度のMacの選び方を少しご紹介したいと思います。

①初めて買う方・ライトユーザー。
まず、間違いなくMacBook Airをオススメします。
モバイル感覚で楽々使いたい方は11インチ。ビジネスでもバリバリ使いたい方は13インチなんかがオススメ。

最近発売したMacBookと比較すると、解像度が高くなった(Retina対応)といった所。
値段も2万近く高いので、そこまで手を出す必要があるのか!?というと微妙な所です。

15インチ程度あれば、さすがにRetinaの恩恵を受けられますが13インチ程度ではあまり比較になりません。

②ビジネスユーザー(デザイナー・コーダー・プログラマ)
用途によって変わってくるでしょうが、皆さんもうわかっているようですので省略させて頂きますが
バリバリ3Dとか使いたいよ!という方はMac Pro。

デザイナーさん、コーダーさんはiMac!?と思いきや。MacBookProがオススメです。
正直、簡単に言うとディスプレーの背面にMacBookProをくっつけたような物がiMacです。
サンダーボルトディスプレーで、2台のディスプレーに繋げてデュアルでお仕事。
お家に帰ってもお仕事可能なMacBook Proが圧倒的にオススメ。

最後にホームユーザーですが、MacMiniとApple TVという選択肢が出てくると思います。
MacMini買うくらいなら、MacBookAir+Apple TVで十分というのが私の結論。

そもそも、TVに繋げてパソコンするのには無理があります。

以上、少し辛口意見もありましたが2015年中期の感触ではこんな感じです。

他に、こんな感じで使いたいんだけどーという方がいればコメント下さいね!

外付けSSDにThunderboltでWinodws7インストール(1年後)

外付けSSDにThunderbold接続でWindowsをインストールしてから1年後。
かなり順調に動いていました。

ただ、Windows側のエクスペリエンスが気に入らない(4.1)とかの数値だったので、
これはサンダーボルトの限界か!?それともSSDの性能限界か!?と考えていた最中。


128GBのCFDのSSD

から

Crucial CT500MX200SSDへ乗り換えてやりました。

すると‥

エクスペリエンス7.0(くらい)!!

やっぱり、SSDで容量を削っちゃいけないですね。
ご存知の通りSSDは容量が多くなればなるほど読み書き等々のスピードが早くなります。

体感は正直あまり変わらないのですが、エクスペリエンスの数値に大満足。

ちなみにデータ移行は少し手間取りました。
CDブート系のディスクコピーツールでまるごとコピーして、立ち上げ時にエラーが出るのでWindows7のディスクを入れてスタートアップの修復(MBR)が移行されないそうです。
以上でSSDの大容量化&スピードアップ作戦は大成功を収めました。

ジョブズ無き今、iPhone6買うか落ち着いて考えてみる。

iPhone6、皆さん買いましたか!?
私は実はまだです。

というより、iPhone4・5が出た時よりの感動がなんか少ないからあまり乗り気になりません。
一応、11月・12月くらいMNPでソフトバンクに乗り換えてキャッシュバックガッツリもらって買う予定。
とあるYモバイル(旧ウィルコム)店員の情報だと年末のキャッシュバックがかなり熱いらしいです。

今すぐ欲しい、という人はおとくケータイがキャッシュバックが一番高いという独自調査なので
今持ってる携帯、iPhoneなりAndroidをどっかで売ってここで買うのが一番でしょう。

例えばiPhone5を持ってて売って乗り換え1万~3万+3万(MNPキャッシュバック)+違約金がかかるので…といって交渉で1万~くらいは取り上げちゃいましょう。
実質、機種代はほとんど無料。この実質=本当の無料の意味で、キャリアで普通に買うと実際には機種代を毎月知らず知らずに払っています。気をつけましょう。

店員の気合いも結構入っていて、他店でもっとキャッシュバック高いとこあれば更に載せます!
くらいの勢いなので、今の携帯キャリアでのキャッシュバックに納得行ってる場合にも一度見なおしてみた方が良いかも。

電話確認した所、iPhone6の在庫は現在十分にあるそうですが一度お問合せフォームから確認した方が良いかも。

【2014年】4月29日発売!MacBook Air最新情報とMacの選び方

今や一家に一台はあるパソコンですが、ほとんどの人はWindowsを利用しています。
しかしiPhoneが発売されてから、徐々にアップル製品の人気も上がりパソコンもMacを利用するという人が増えてきています。

Macはアップル社が発売しているパソコンで、Windowsのように様々なメーカーから選ぶということはできません。
発売されている商品も限られていて、デスクトップ型のiMac、Mac miniやノート型のMacbook Air、Macbook proなどがあります。

どのパソコンも非常に高性能で見た目もスタイリッシュという特徴があります。
Macのパソコンを購入する場合、使用用途を考えて購入することが重要です。

ほとんどのMacパソコンはデスクトップでもノートでもメイン機として使うことができます。

持ち運びをする前提があるのであれば、Macbook Airが最もおすすめです。
非常に軽いということと、スペックが標準でCore i 5で4Gメモリを積んでいるので快適に動作します。

4/29日に新型のMacBook Airが発売されましたが、プロセッサが少しアップグレードされた程度の違い
もし今買おうと思っている方は、半年後~程度のメジャーアップデートを待つのも1つの手がと思います。

しかし持ち運びもしたいが画像処理などもしたいのであれば、Macbook proになります。
Macbook proは最大16Gモデルがあるため、Airに比べて負荷の高い作業をする場合におすすめです。

持ち運びを考えない用途であれば、iMacかMac miniになります。
金額的にはMac miniの方が安いですが、Macという意味ではiMacの方がアップル製品らしいという見た目です。

どちらもデスクトップ型なので、多少の負荷のかかる処理は全く問題ありません。
Macを購入する場合は、使用用途を考えて購入することが非常に重要になります。

【成功】Thunderbolt接続の外付けSSDにWinodws7をBootCampをインストールする事は出来る!

FusionDribeのBootcampは遅い…

WindowsとMacの両刀使いなので、大変困っていました。
一般的にいわれている、外付けSSD(HDD)にBootCampでWindows7をインストールできない。
しかしそんな噂を覆す、インストール方法を発見しましたのでご報告します。

成功した環境は以下の通りです。
iMac 2013 メモリ8GB FusionDrive 1TB(SSD領域128GB)

1.現在のHDD、内蔵SSDもしくは、FusionDriveにBootCamp領域を作る。

2.WIndows7のインストールディスクをディスクユーティリティでCDR化もしくはISO化しておく。

3.USBメモリにインストールしたWindows7を、USBブート(Optionキーを押しながらの起動)でブートさせる。

4.通常のインストール手順に通りに、WIndows7をTunderbolt接続のSSDにインストールを行う。
(ここで、1番で作成したBootCamp領域にはインストールしない事)

※注意点
私だけかもしれませんが、インストールが進まない場合がありますが、根気よく1→2を繰り返すことによって成功する場合があります。

ここで利用したのは、Amazonで購入した【Seagate Backup Plus Portable Thunderbolt Adapter (STAE128)】です。
これ以外を利用して成功するかは自己責任となりますので、ご了承ください。

通常の利用だと今まではBootCamp領域はHDD側に作られていた分、
転送速度の早いSSDの外付けSSDでのWindowsインストールはFusionDriveより全然早い!是非お使い下さい。

また、同様に必要ないかとは思いますがThunderbolt接続の外付けSSDにWindows7をMacboook ProやMacbook Airにインストールできるかもしれません。WIndowsは使いたいけど、容量が…とお悩みの方に是非オススメです。

2013年の新型Mac Proの驚くべく性能

円筒形のデザインがインパクトが強すぎて、至る所で黒いゴミ箱と揶揄された2013年の新型Mac Proですが、さすが新型とだけあってゴミ箱という蔑称をひっくり返すだけのパワーを備えています。
まずは大まかにいってしまうと、当たり前ながら2013年現在におけるMacの既存製品全機種の中で最速の製品になっています。

ハイエンドなパソコンのためお値段もとんでもないことにはなっていますが、その性能を考えればしかたのないことでしょう。
新世代のIntel Xeon E5チップセットを積み、最大30MBのL3キャッシュ、40GB/sのPCI Express Gen3帯域幅、356ビット幅の浮動小数点命令。

ボトルネックになっていきそうなところをしっかりとカバーしていきます。一世代前のMac Proに比べて性能は最大二倍高速となっています。

最大64GBのメモリを搭載できますのでメモリ不足に困らされるようなこともないでしょう。

1,866MHzで駆動する4チャンネルDDR3メモリコントローラを使用して帯域幅も広がっており、最大60GB/sとなっているのもポイントです。

どういうことかと簡単に説明しますと、先の細いホースよりも太いホースの方が水が詰まりにくいのと同じことです。
Mac Proはホースが太いためデータをスムーズにやりとりできるようになっているんです。そのため効率がとても良いんですね。
このように良いことづくめの2013年の新型Mac Pro。
手に入れたくなってしまいますよね。

メインで使うなら、MacBookProがオススメ

MacはWindows OSをインストールすればWindowsパソコンとしても使えますので、(同時に使用は出来ません)購入するならセキュリティや面倒なアップデートの操作やメンテナンスのあまり必要のないMacをオススメいたします。

Macの購入はWindowsパソコン選びとは違い、種類が少ないので選ぶポイントの1つとして購入時期が大切です。新しいMacの方が当然、性能もよく値段も古いモデルと同じぐらいの値段で発売されますので新しく発売されたばかりのMacを購入することがポイントです。現在、MacはMacBook Pro、Mac mini、MacBook Air、iMac、Mac Proが発売されています。その機種の新しく出たばかりのモデルを買うのが購入のポイントなのです。

画像編集やハイスペックなマシンが必要ならば、わたしはMacBook Proの購入をオススメいたします。MacBook Proはノートでありながらプロの画像編集も可能なほどのスペックと高解像度のディスプレイを搭載しています。

DVI出力を変換して使用すれば自宅のテレビをモニターとして使えますし、持ち歩くことが出来るので仕事での使用や、もちろんプライベートでネットサーフィンを楽しんだりするのであればMacBook Pro1台あれば何もいらないでしょう。

Apple TVを同時に購入すれば自宅で音楽やYouTubeなどの動画も楽しめます。

今からMacを買おうと考えている方へ Mac唯一のデメリット

残念ながら、Macにしかできないことは限られています。

以前はデザインの仕事にMacが必需品と言われていましたが、今ではWindows機でもデザインに必須と言われるAdobe社のソフトウェアが問題なく利用できます。問題があるとしたら、Mac専用のフォント(字体)を使ったデザインをやり取りする場合でしょうか。

最近では、Macの利点はiPhoneと関わる部分がほとんどといえます。
iPhoneとの連携はMacの方が上だし、iPhone用のアプリの開発はほぼMacでしかできません。
Windows用のソフトの方が残念ながら多種多彩です。

それでもMacが必要な場合は、安い機種から試してみるのはいかがでしょうか。
Mac miniという機種は、7万円前後で手に入ります。

更に、Windowsで利用しているモニタやUSB機器を利用しやすいので、WindowsからMacに乗り換える際はとてもお得です。

新規にキーボードやマウス等を買う場合でも、Windows用の機器は安く手に入るので、導入にかかる費用はかなり抑えられます。

ただし、Windows用キーボードを利用した場合、Mac独自のキーに関しては、キーボードの読み替えが必要となります。慣れるまでは、Optionキーってどれだったかと悩むことになります。

私がMacBookAirを選んだ理由

半年前、初めてのMacを購入しました。

デスクトップパソコンとノートパソコンどちらにしようか悩みましたが、ちょうど自分が持っていたノートが壊れていたので、ノートにしました。

ノートにしようと決めてからも、タイプや容量で悩みました。

プログラミング開発など仕事でガシガシ使うならMacBookProでしたが、今回はプライベートで使うものなので、持ち運びもしやすいMacBookAirを選びました。MacBookAirは薄くて軽くて本当に携帯しやすいです。

タイプは決まりましたが今度はモニターサイズです。
11インチと13インチがあり、持ち運びするなら小さいほうがいいかと思いましたが、小さいと画面を見るときに疲れると感じたので13インチにしました。

最後に、容量です。128GBから256GBまであるのですが、普段どのようなことに使うのかを考えて、一番小さい128GBにしました。主にインターネットや家計簿などの表計算として使う予定だったから、これで十分でした。画像や音楽などは必要最小限だけを厳選し、ほとんどは外付けHDDに保存すればいいと考えました。でも今のところ、外付けHDDではなくWeb上のクラウドサービスを利用しています。

Macはどれもデザインがとても美しいですが、特にAirはその薄さとシンプルなデザインが格別です。
使っているだけでモチベーションが上がるし、Macを買って本当に良かったと思います。
これから買う形はぜひ、参考にしてみてください。

自分に合ったMacをお手軽に安く購入する方法

Macといえば誰しも知っているアップル社が販売しているパソコンで、あの故・スティーブン・ジョブスが創立者である事でも有名ですが、その名を一躍有名にし、世間に浸透させたのは「iphone」ではないでしょうか?

iphoneが発売される前までは、Mac関係の商品は、デザインや音楽・映像などを趣味としいている人か使うものでしたが、現在ではそのデザインと機能性に惹かれて購入する人も増えてきています。

いざMacを購入しようかなと考えた時、今までWindwsを使っていた方からしたら、どのような基準で選べばよいか戸惑うかと思いますが、Macにはさまざまなシリーズが販売されていますので、初心者から上級者まで使えるパソコンが沢山揃っています。

まず、初心者にオススメなのは「Mac book Air 13インチ」です。フル充電で12時間というバッテリーもさることながら、キーボードのサイズも使いやすく、重たい動画を編集するなどの作業はしんどいですが、値段もお手ごろですし何といっても持ち運びしやすいサイズと重さが魅力的ですので、初めてMacを購入するのには適していると思います。

Mac購入の意思が固まった後は、少しでも安い価格でいかにMacを購入するかですが、これにはちょっとした裏技があります。

Macはノートパソコンであれば11万弱で購入することができますが、これよりお安く購入する方法は、アップルのHPから「整備済製品」からMacを購入する方法です。ここにあるパソコンは、整備不良で返品されたものや、展示品・初期不良製品を整備し直したもので、きちんと整備されていますので、ほぼ新品同様の製品が販売されていますし、なんといってもオフィシャルサイトからの購入なので、安心して購入できます。

唯一の欠点といえば、整備済製品はいつもお目当てのパソコンが販売されているとは限らないので、まめにのぞいておくことが大切です。