MacProGlassRender

2013年の新型Mac Proの驚くべく性能

円筒形のデザインがインパクトが強すぎて、至る所で黒いゴミ箱と揶揄された2013年の新型Mac Proですが、さすが新型とだけあってゴミ箱という蔑称をひっくり返すだけのパワーを備えています。
まずは大まかにいってしまうと、当たり前ながら2013年現在におけるMacの既存製品全機種の中で最速の製品になっています。

ハイエンドなパソコンのためお値段もとんでもないことにはなっていますが、その性能を考えればしかたのないことでしょう。
新世代のIntel Xeon E5チップセットを積み、最大30MBのL3キャッシュ、40GB/sのPCI Express Gen3帯域幅、356ビット幅の浮動小数点命令。

ボトルネックになっていきそうなところをしっかりとカバーしていきます。一世代前のMac Proに比べて性能は最大二倍高速となっています。

最大64GBのメモリを搭載できますのでメモリ不足に困らされるようなこともないでしょう。

1,866MHzで駆動する4チャンネルDDR3メモリコントローラを使用して帯域幅も広がっており、最大60GB/sとなっているのもポイントです。

どういうことかと簡単に説明しますと、先の細いホースよりも太いホースの方が水が詰まりにくいのと同じことです。
Mac Proはホースが太いためデータをスムーズにやりとりできるようになっているんです。そのため効率がとても良いんですね。
このように良いことづくめの2013年の新型Mac Pro。
手に入れたくなってしまいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です